桐島、続報が出たよ


top-1

誰が何と言おうと2013年のTGSはちょーアツかったんだからね。ながらくオルタナティブな存在だった「インディーズ」と「ゲーム実況」と「コスプレ」と「キッズ/ファミリー」が入り乱れつつ一気に浮上した奇跡的なフェスだった。

ぼくも立たせてもらった巨大なステージは壁に向かって設置されていた。某かの思惑はあるのだろうけど、結果的にこの向きは最高! ビデオゲームの原型のひとつ「BREAK OUT」はひたすら壁に向かうゲームだったんだぜ!

インディーズゲームフェス2日間のお祭り騒ぎを締めくくったのは、ゲームクリエイターたちのガチンコ討論会だった。そもそもゲームってのはおもしろいもんだし、それを作るってことはなかなかおもしろいことで、おもしろいことをしてる人たちと話しをすることはおもしろい。いつまでもおわりにしたくないくらいのおもしろさだ! おらなんて閉館を告げる「蛍の光」が流れてから調子あがってきた。

という訳で、すぐさま「続き」が開催されこととなった。このスピード感もスゲー! 企てているのはインディーズゲームフェスの仕掛人のひとり大前広樹さんだ。大前さんは現在のゲームシーンの最重要人物だから、桐島はちゃんと覚えておけよな!

また話さ出来るごと、おらとっても楽しみにしてるし、質疑応答もたっぷり出来るから桐島も部活休んで来てけろーっ!

詳細は↓ここに書いてあるからね。

凄いメンツでインディーズゲームフェス・トークライブ番外編が緊急決定!powered by ポリポリ☆クラブ

インディーズゲーム・トークライブ番外編「東京ゲームショウの続きやります!」

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す